アンテナ工事実績

2018年09月28日 [アンテナ工事]

TVが見えなくなる原因NO1がこれです。

良く、TVが見れなくなり町の電気屋さんなどに行くと「アンテナが壊れてるから交換」とか
「ブースターが壊れてる」とかでかなりの料金とられることがありますが、対外8割方TVが見れなくなる原因は
外の配線にあります。
アンテナ配線ジョイント部 アンテナジョイント部ショート
配線のジョイント部分を屋根の上でする電気屋が多いせいです。
確かに屋根の上でジョイントしとけばメンテナンスも楽ですがそこから必ず水が入ります。
そしてブースターの電源がショートし映らなくなります。

そして、中途半端なアンテナ業者に修理頼むとまた同じところでジョイントするのでまた水が入りショートします。
これはジョイント部分、エフコテープ、ブチルテープで巻いてても防水はほとんど利いてないといっても過言ではないでしょう。

逆をゆうとジョイント部分を屋根の上ではなく防水の出来る場所に最初っから作っとけばTVが映らなくなるとゆうのは
大分(8割がた)回避できます。

うちの工事は、屋根上でジョイントすることは一切ありません。ジョイント部分は必ず防水カバーの中か、それができない場合は
ジョイント部分を水平に保てる場所に設置します。垂直にすると雨は上から下に流れるので必ず浸み込みます。

ちょっとした手間ですがこれを知らないアンテナ業者沢山います。
まだまだいろんなテクニック、知識はあるのですがそれはまた後程、お話しします。

今日乗せた写真はハウスメーカーの電気屋さんが施工した慣れの果てです。
シロート工事としか言いようがありません。


PageTop

ご依頼・お見積りは、コチラ